よりよい人生の為に治療を | 科学の力で進歩した免疫治療なら体への影響も最小限

科学の力で進歩した免疫治療なら体への影響も最小限

ナース

よりよい人生の為に治療を

概要と治療手段

ウーマン

更年期障害はホルモンバランスの乱れによって引き起こされ、体調不良や精神的な不調と言った症状が現れます。女性更年期障害の場合はホットフラッシュと呼ばれる、のぼせ・ほてりをはじめ、頭痛や疲労、息切れ等など現れる症状は多彩で、枚挙に暇が有りません。また、精神面ではヒステリーを起こしたり、情緒不安定、鬱のような症状も見られます。原因は女性ホルモンの一種である、エストロゲンの急激な低下によるものです。特に閉経前後には、エストロゲンの低下が顕著であり、更年期障害が発生しやすい時期であるとされます。治療にはホルモン補充療法のHRTや漢方薬、向精神薬を用いるケースが多いです。中でもHRTは根治治療を目指すもので、世界的に見ても主流の治療法となっています。日本ではまだまだ、更年期障害は放置される傾向にありますが、HRTは上手に使えば骨粗鬆症予防などにも役立つなどメリットも多く、注目を集めつつあります。

放置するのは危険

更年期障害は重症化すると心身ともに著しく健康を害し、死亡する恐れは一先ず無いにしても、人生においては損失となるかも知れません。HRTを始め様々な治療手段がありますから、上手に薬と付き合って健康を回復し、症状を軽減できれば、楽しい時間はきっと増えるはずです。体の不調が長引けば、心も不調になってきますし、放っておけば重症化もしかねません。イライラやヒステリーが激しくなって、家族との関係を崩してしまうのは、もったいない事です。また、更年期障害には、本人がそうと思っていても、実は別の病気が潜んでいるという危険性が有ります。癌や内臓疾患にも、更年期障害で現れる物と似た症状が出ることが有り、年齢的に見て更年期障害として放置しておくと、危険なことが起こりかねません。もし、更年期障害が疑われる場合には、まずは医療機関への相談をおすすめします。

Copyright©2016 科学の力で進歩した免疫治療なら体への影響も最小限 All Rights Reserved.